※感謝歓迎※
■☆華桜*戦記☆■ ■ササメ編。■
FC2ブログ

■ササメ編。■

8088_20180513193152695.jpg
■コソコソ・・^^;

■その日、里の二つの”桜”が同時に光った。
一つは紅く、一つは白く。

ソレは新たな【運命】の幕開けであった。



鬼の里。『華桜』、ソコは意空間に浮かぶ鬼達の楽園である。

『私の名前は華桜蘭姫(かざくららんき)!、破邪鬼(はじゃき)の里”月代城”で姉を護り、鬼と戦う
”無等角(むとうかく/角の無い)の鬼である!』

破邪鬼伝*乱鬼②

【無等角とは・・・!】
無等角とは”人の姿に近く”美しいものほど”強い”とされる、鬼世界の”最高位”の存在で、この里では蘭姫が唯一の存在である。
故に、蘭姫は”姉”の『麗姫(うるひめ)』に仕える”守護者”となり、もう一人の守護者である”戒(かい)"の元で修行を積んでいる。(ちなみに麗姫と戒は幼い頃からの許婚である。)

夢は鬼長になること。
そのため今日も彼女は戦うのである。

---

「めーちゃん・・・!」

「アラ、蘭姫ちゃん・・・・!」

「遊びに来たよ・・・!」


「フフフ・・・vv」


”めーちゃんと”呼ばれたその女性は城の使用人の一人である。
「待ってね、今水をくんだら終わりだから・・・・!」

「ハーイ!!」
蘭姫の嬉しそうな声が城内に響き渡る。


ココは里の要。月代城。
彼女の名前は『雪鷹(ゆきたか)ササメ』さん、
近々三獣鬼(さんじゅうき)の鬼似鷹(きじたか)さんと結婚の予定である。

『三獣鬼』とはこの里がまだ人間界とつながりがあった頃、鬼長の父、月代が三匹の角獣(かくじゅう)をつれて大鬼を退治した伝説から捕らえられている。
ソレは人間界でもおとぎ話として残っており。鬼似鷹(きじたか)、犬鬼(いぬき)猿鬼魔(えにま)の三人は、その子孫に当たるのである。

普段は城の護りの要である三獣鬼であるが、その中の一人。そんな凄い人と結婚するのが私の友達”めーちゃん!”である!


そして二人は城下町に行くといつものように里の憩いの場、「喫茶きびだんご」で話をするのである。
「あはは・・・!!!」
「ウフフ・・・!!」

まるで看板娘のように入り口の長椅子にちょこんと座って話す二人は最近ではココの名物である。
ササメが使用人として入ってからは毎日のようにココに通っているような気がする。

「でね・・・戒がね・・・!!」

「フフフ・・・v」



「何か言われたますよ。」
くすくすと笑うのは奥の席に座ってソレを眺めている城の書記官、白刃(しらは)と。「うっせぇ・・・!!!」
ふてくされながらテーブルにうなだれる戒。蘭姫の師匠である。

「それにしても今日は平和ですね・・・・」


「あぁ・・・」
「あの二人が”式”を挙げる日もこんな平和な”日”だといいですね・・・」


「あぁ・・・・」

白刃の言葉に返す戒。ソレは間近に迫っていた。

・・・・・・・

ポゥ・・・・・・・。

城内では先読みの姫君、麗姫が”先読み(夢見予知)”の神通力で里の様子を探っていた。
神通力の発動時は彼女は宙に浮かんでいる。そして目を閉じると里の様々なモノが見えてくる。
木々のざわめきや風の音、里全体のその姿。

しかし、
”何か・・・不吉な影が里に迫っているような・・・・・!”

彼女の仕事はその能力で不吉な影を予知することである。



「あ!いけない!私夕食の山菜を取りに行くんだった・・・・!!!」

めーちゃんの仕事は主に里の給仕である。
「大丈夫?」
心配そうにする蘭姫にササメは「えぇ」と返すと
「山の魔物には気をつけて行ってくるから・・・」と
「それに鬼似鷹さんがくれた”お守り”もあるし・・・・」
ときらりと光る首飾りを取って彼女に見せてみる。

三等角(三等角)の彼女は戦闘能力が少ない。というより里の一般人のようなものなので殆ど無い。
なのでこのような魔よけのお守りや最低限の護身刀などを持って山に出かけるのである。

「わぁー・・・・キレー・・・・・」
きらりと光る緑色のソレは鬼似鷹の瞳の色にも似ていた。
「フフフ・・・式の前の”婚約”にもらったの・・・」

さささとまたソレを首に書け仕舞いなおすササメ。まだ10歳の蘭姫にはソレがとても素敵なものに見えた。
実際に素敵なことである。ササメもそれが自慢であった。

「じゃぁ・・・行ってきます・・・!」
「うん!気をつけてねー・・・・・・!!!!」

そう言ってササメと蘭姫はその場を別れた。

事件はその日の午後に起こるのである。

「大変だ・・・!!!ササメが山の魔物に・・・!!!」
その話が飛び込んできたのは戒と蘭姫が夕の予定を確認していた時だ。

「え・・!??」

驚く蘭姫。

「めーちゃん・・・・!!!」
傷を負って寝込むササメの部屋に駆け込むとソコには既に先客がいた。

「鬼似鷹さん・・・!??」
彼は蘭姫に気づいて振り向くと半身をそちらに向け座ったままこういった。

「悪いが少し二人きりにさせてくれないか?」
半身はササメのほうへと座り込んで向いている。

「え!??・・・・う・・・うん・・・・」
ササメの現状に驚いた蘭姫だったが鬼似鷹の神妙な顔つきに何かを察してソレを受け入れる事にした。


そして二人きりの時間が訪れる。
「ササメ・・・・」
体の一部が石化している・・・・!
ササメは片側の首から頬にかけて白く石化したように硬化した肌を露出させていた。
もう片側には争ったような傷跡が見える。
”コレは・・・・・”

そ・・・・・っ

「!??」
不意にササメの手が鬼似鷹の頬へと伸びる。
ぱちりと目を覚ましたササメは瞳孔を開かせたその瞳でおきあるとすぐさまこう言った。

「鬼似鷹さん・・・私・・・・”無等角”の心臓が欲しいの・・・・・」
座り込んで彼女を見ていた鬼似鷹と対面するような形になる。

”!??・・ササメ・・・!??”
驚く鬼似鷹であったがササメの目が紅く光る。

「私・・ソレを食べればこの”石化”から開放されるような気がするの。」

”取ってきて・・・・くれる・・・・・?”
紅い瞳が目を輝かせてそう言っている。
・・・・・・

固まっていた鬼似鷹であったがスクリと立ち上がると「分かった」と笑みを見せる。

そう言って笹目を抱きしめると「愛してる・・・・」と呟いた。


「・・・・めーちゃん・・・大丈夫かなぁ・・・・・」
麗姫の指示で城下町を見回りする戒と蘭姫。
「ん・・・?」心配そうに地面を見つめる蘭姫に戒はこう言った
「症状については書官の白刃が一生懸命調べてる最中だ。
麗姫も神通力で敵の姿を探している・・・・

何より大事な”花嫁”なんだ・・・・・”式”だけはちゃんと挙げさせて・・・・・」

キラリ・・・・・・・
一瞬視界の端に緑色の何かが光った。

「危ねぇ!蘭姫・・・!!」
ソレを抱えて攻撃をかわす。
後方に飛ぶように後退すると目の前をソレを追うように何かが地面に突き刺さる。

良く見れば硬化した緑色の”羽”である。
・・・・


おん・・・・・・


「!???」
飛んできた羽の方向へと頭を上げると。平屋の建物のその上に”翼”を広げた鬼似鷹が立っていた。
”鬼似鷹!??”驚く戒。
「鬼似鷹さん・・・!??」
蘭姫がソレに続くと二人を見下ろす鬼似鷹は何かにでも囚われたような瞳で「無等角の”心臓”をよこせ」と低く、かつ冷たい印象でそう言い放った。

「それでササメは開放される・・・!!!!」さっと広げていた大きな翼の方羽を広げると後ろにササメが立っていた。
その瞳は傷付いたその姿のまま。瞳孔が開ききっている。


”めーちゃん・・・!?????”
その姿に動揺を隠せない蘭姫。とても戦える状態ではなかった。

ましては一緒に城を守るその仲間を相手にしてなど。

しかし戒は違った「・・・ざっけんな!何の冗談か知らネェが仲間を攻撃するなんてお前らしくねぇな!!!」

確かに普段の彼らしくない。普段の彼は温厚で争いごとは極力嫌うような性格である。

「ササメと幸せになるためだ。・・・・お前達には死んでもらう」
緑のマスクをかけたその顔はかろうじて瞳と口が表情を語る。
だがその姿ゆえか心中までは分からない。

「鬼似鷹さん・・・・」

ソレを愛しむようにササメが抱きつく。と、鬼似鷹がピタリと固まる。

だが次の瞬間・・・・・
「嘴召喚・・・!!!!」

六角形に囲まれた狭い空間のねじれから大きな鳥の嘴を何本も召喚すると
「ピピピピピ・・・」
その鳴き声を制止するように両手を広げる。

彼の肩の上に広がるその空間のねじれの奥から無数の嘴と瞳が見える。

サァ・・・・・・・

暫くの間の後に「音波砲発射・・・・!!!」
その手をまるで音楽会の指揮者のごとく振り下ろすと嘴から大きな音を立てて無数のソレが放たれる。

「くっ・・・!!!」
蘭姫を抱きとめるように片手で庇い刀でソレを受け流すと戒は蘭姫にこう言った。

「蘭姫!!コイツは俺がなんとかする!!!お前は付近の住民を避難させるんだ!!!」
真顔である。既に戦闘スイッチが入っているようだ。

「う・・うん・・・」
一瞬それにうろたえた蘭姫であるがこの状況。確かに付近住民に被害が及んではいけないとその言葉を受け入れる事にした。
「分かった・・・・・!!」

そしてその場を離れようとする”無等角”蘭姫にササメが一瞬「待っ・・・!」と声を上げた。

しかし追いかけようと身体を前に動かしたソレを鬼似鷹がつなぎとめる。
彼女の手を掴むと「ササメ、君は傍に居てくれ・・・」と彼女を抱き寄せる。

「・・・っ!???鬼似鷹さん・・・・!??」
それに抱き寄せられ腕に収まるササメ。

ソレを驚くように見つめる戒。

しかしササメの心中は穏やかでなかった・・・・


”わずらわしいな・・・・・・・”

低音の何かが奥底で動いている。




---
おかしい!!
「ササメさんが敵と接触したのなら収まるはずが・・・・・!!」
城で集めた資料を読みあっていた白刃であるが、まるで埒が明かない。

「資料をあさっても意味が無い・・・!!!」
ココは一旦発見現場に行ってみるしか・・・・・・・!!!

資料ではササメは山のふもと付近までは自分の足で歩いていたという・・・・・
だが襲われたのはその先だ。近隣の資料ばかりをあさっても情報が集まらない。

トン・・・・
すぐさま白刃は窓辺に構えると羽織っていた羽織を変形させ翼を広げる。

白刃の能力は”羽織を使って空を飛ぶ事”である。


・・・・・そして白刃は山へと向かった。

----
鬼似鷹・・・・!!!!!!!
興奮する戒・・・・・・・だが刀を構えて上へと向かおうとした瞬間、ソレを静止するように鬼似鷹はその目の前でササメに口付ける。
「!????」屋根へと駆け上がろうとした戒であったが一旦ソレを静止される。


・・・・・

「へっ。・・・見せ付けてくれるじぇねぇか・・・・・・」
何かに心が打たれたように弱弱しくそう語る。

と、山奥で白刃が何かを見つけた。


「お前達とは違うんだー・・・・・」
そう言って冷たい瞳で見下ろす鬼似鷹に抱きつくササメ。
「鬼似鷹さん・・・・・」

”邪魔だなー・・・!”
心中では何かがそう語っている。


「コレは・・・・・!???」
白刃が見つけたのは緑色に光るソレ。

鬼似鷹の首にも下げてあるペアネックレスの片割れである。

”クン・・・!!!”
おそろおそる両の手で持ち上げるとソレまるでダウジングか何かにでも反応したように白刃の持つ手より動き出す。まるでその先のどこかを指し示すように先端を尖らせるとそこから光の矢がその先へと向かう。

”バシュ・・”
オオオ・・・
向かうのは更に先・・・・山の奥手の方である。

”この光の指し示す方向に・・・何かが・・・・!?????”

白刃はごくりとつばを飲んだ。
山奥と言えば魔物の巣窟。角の生えた強固な邪鬼達も住まう場所。

「破邪刀(はじゃとう)!双龍(そうりゅう)!!!」
戒が技を繰り出そうと構えると鬼似鷹もまた構える。

「音波砲・・・・!!!発射・・・!!!」
速度は鬼似鷹の方が上だった。

しかし・・

「爆砕弾(ばくさいだん)!!!」

ボ・・・ボボボ・・・・ッ!!!!
炎で囲まれた幾重ものそれが攻撃を相殺する。

「・・・!????」
実は先ほどから攻撃が直接戒まで届いていない。

「へっ!!ナメんなよ!鬼似鷹・・・!


これでも俺は・・・


里一の使い手なんだよ!!!」

ドンと構える戒に一瞬ひるむ鬼似鷹。
「・・・・・・」ソレを横目で見る笹目。

と、「戒・・・!!!」

「蘭姫!??」
蘭姫が駆け足で戻ってきた。
「里のみんなの避難は終わった・・・・・よ・・・!???」

「え・・・・・?」


ポタリ。
赤い鮮血が目の前に見えた。

一瞬何が起こったのjか分からなかった。

ササメが隠し持っていた長刀で鬼似鷹を向かい合うようにして腹を貫通させたのである。

ポタリとまた落ちる鮮血。鬼似鷹は口からも血を流している。

「全く。・・・使えねぇ男だな・・・・・・」

ウィン・・・!!!!!ササメはそう言って後頭部に手をむけポーズをとると人・・・いや。里の鬼あらざるものの姿へと姿を変えた。

「めーちゃん・・・!????」
驚く蘭姫。

「コレは・・・・・・」
白刃が山奥で見たものは・・・・・・・・・・

それは草むらに頭を隠して体だけがこちらを向いた血を流したその姿。

「ササメ・・・・・」よろよろと鬼似鷹が口を開く。
それを蔑むように仮面をかぶったその男は「悪いなテメェの花嫁はよう・・・・・・


もう山でおだぶつだ・・・・!!!」ひゃっひゃと言う笑い声でそう語る。


と。じゃり。・・・と崩れるように膝を追って半身を上げる鬼似鷹の弱った頭に足を置くと、
「テメェら・・・そろって・・・・・・俺の瞳を見な・・・・?」

「くっ」と悔しそうな鬼似鷹を足蹴に仮面を外そうとする。


「!???」
蘭姫!???

バッ・・・!!!

何かに気づいたように戒が蘭姫の前を隠す。
戒・・・・!???


カッ・・・!!!


「くっ・・・・・!????」蘭姫を背に立つ戒はもろにその攻撃を受けた。


『石化幻光(せきかげんこう)!!!』
相手を石化させる幻術である。
「戒・・・!???」

白く石化した戒に蘭姫が驚いた瞬間。鬼似鷹が目線を上に上げ怒りを露に奮い立たせる。
「・・・・る・・・さない・・・


くっ・・・!!」


「あ?」男が仮面をかけなおした瞬間。「私のササメを返せえええええええええ!!!!!!」
と鬼似鷹が男にしがみつく。

ブシュウウウ・・・貫通した腹からは血が噴出している。

「鬼似鷹さん・・・・!!!!」

腹に剣が刺さったまま・・・それでも怒りを露に立ち向かうソレ。
蘭姫は見ていて涙が零れた。

”めーちゃん・・・・・”

ぐしっ。

ソレを着物の袖でふき取ると蘭姫は顔を上げた。
「鬼似鷹さん・・・!!!」

そいつは私倒します・・・・・!!!!!

「早く・・・・”山”に・・・・!!!!」

”ゆるさない・・・!!!”
こんな・・・こんな酷い事・・・・!!!!!


”蘭姫・・・・”???”一瞬、鬼似鷹は蘭姫のほうに顔を向けると「すまない・・・!」
と、剣をさしたその身で大きな鳥の姿へと変化した。

そして真っ直ぐにササメの居た山へと向かう。

その場には蘭姫と男だけになった。


ヒュオオ・・・・・・・・・

男の置くには山へと向かう鬼似鷹が見える。
目の前には石化した戒がいる。

”戒・・・・”

アイツを倒せば・・・・・”戒”は元にもどるよね・・・・・?

オオオ・・・
「ふっ・・・」
男は仮面の姿のまま一瞬笑うと「まぁいい。小娘。”我が長寿のため心臓を頂くぞ・・・・!!!!!!”」
と大きな声でそう言った。



サァ・・・・・

「!???」
鬼似鷹がそこに向かうとすでにその場には白刃がいた。
「鬼似鷹さん・・・・」
少し段差になっているその渓谷。

白刃は一人ためらいを感じていた。
丁度ソコに鬼似鷹が現れたのだ。

「破邪刀!時醒(ときさめ)!」
刀を展にかざす蘭姫。するとざぁぁと空気が花びらのように美しいものへと変化する。

・・・・男はソレを見ていた。一瞬見惚れるように止まっていたが「遅い!!!」
と忍者のようなのその姿でまた隠し武器を取り出した。

「毒術手裏剣!!!」
大きな4本鎌の手裏剣である。

サァ・・・・
構える男。

”桜吹雪・・・・!!”
蘭姫の周りを花びらのようなものを覆う。

「喰らえ!!!!!」

男が手裏剣を飛ばす。
と。次の瞬間。目の前に蘭姫の体が現れる。


「!???」

"飛んだ・・・・・!???”
技を・・・・階段に・・・・!???
自分の技をばねに跳ね上がるように男の頭上へと舞い上がった蘭姫。

「ああああああああああ!!!!」
そしてそのまま重力の重なった刀を振り落とそうとする。

しかしやはり男は機敏である。「・・・・!!!」

もう一発・・・・!!!!!


「空中でなら避けれまい・・・・!!!」今度は4枚に別れた鎌をそのまま彼女へと差し向ける。

と、蘭姫はくるりと宙で一回転すると男の肩を足場に今度はその背中側の宙を取った。

「なっ!???」
振り返る仮面の男。

”これが・・・・・”無等角の器だと・・・!????””
その機敏な動きと発想に驚かされる。
ソレは瞬時に自分の負けを悟らされるものであった。

「破邪刀時醒!!桜吹雪・・・!!!」
またも技の一部を足場に後ろに降り立つ蘭姫。そして


「改・・・!!!!桜龍(おうりゅう)・・・・!!!!!!」
隠し技が飛び出した。

カッ・・・・!!!!!

オオオ・・・・・

その大きな光の柱は山に居た二人からも確かに見えた。



「アレは・・・・・!??」


さぁああ・・・

男が光に包まれ浄化し消えていく・・・・・


パラパラ・・・・・・その一部を回りに纏い光らせながら屋根の上から蘭姫は山を見つめた。



「・・・・・白刃・・・・・」
山では段差の奥に見える笹目を白刃と鬼似鷹が見つめていた。

「・・・・見てください。笹目さん・・・・・」

白刃が何かを指差すと・・・・

「これは・・・!??」とまだ腹に剣をさしたままの鬼似鷹が何かに気づいた。

「多分”身ごもっています・・・・”」

・・・・・・・

「子供だけでも・・・・・”助けますか・・・・・?”」白刃が躊躇していたのはこのことである。
下手に遺体を引き上げてソレを無駄にするかその前に・・・・派らを引き裂いてそれを助けるかで迷っていたのだ。

「く・・・っ・・・・」
鬼似鷹が悔しそうな顔をしながら決断を決める。


「この剣で・・・・頼む・・・・」

ブシュウウウ・・・・・自らに刺さっていた剣を抜き鬼似鷹はそれを頼むと目を瞑った。


「めーちゃん・・・・・」


その日。彼女の葬儀が里で静かに執り行われた。
この里では誰かが死ぬと”終わり桜(おわりざくら)”が赤く光る。

対岸ではその対となる”産い桜(ういざくら)”が白く輝いていた。


「あぅー・・・・・」
終わり桜の下へのササメの埋葬の後、三獣鬼の他の二人を引き連れ赤子を抱いた鬼似鷹が蘭姫の前に現れる。

「すまない・・・」
最初に出た言葉はそれであった。
「操られていたとはいえお前達には悪い事をした。」
鬼似鷹は三獣鬼の中でもリーダー的存在である。

「いや・・・」
両の手を頭の後ろで組んだ戒がそう言おうとする。

「この先”職務”の荷物になるかもしれないが・・・・・・」

”私はこの子を育てたい・・・・・”
真顔で見つめるそれを蘭姫の後ろに居た戒が何かを思いつめるように目をそらす。
「あぁ・・・・」

戒がそういうと蘭姫は鬼似鷹を見つめた。

「鬼似鷹さん・・・・」

蘭姫がそう口を開くと鬼似鷹はすまなそうに赤子を差し伸べる。

「蘭姫・・・すまないが。この子を抱いてくれないか?」

・・・・

”めーちゃん・・・・!!”

ぎゅっと抱きしめると鬼似鷹は閉じていた思い口を開いた。

「鳳太(おうた)と名付けた。いずれは君の部下にしてくれ・・・・・」

鳳太は二等角。育てれば能力に恵まれる戦闘角位である。

「えっ!??」驚く蘭姫。

「戦わせるんですか!???」
そう言って鳳太を抱く蘭姫に鬼似鷹は短く「あぁ」と答えると。

「私はこの”里”を・・・ササメが愛した”君”を護りたい・・・・」

とそう言った。
「鬼似鷹さん・・・・」
蘭姫がそういうと「忠誠を誓わせてくれ・・・」と鬼似鷹はポーズを取った。


・・・・・・・・

何もいえなくなる蘭姫。

「白刃・・・」
戒が傍に居た白刃のほうへと声をかけえる。


「さみしくなるな・・・これから・・・・」
何かを寂しそうに語る戒に、白刃は「いえ・・・・きっと、


忙しくなりますよ。」

とそう言った。

ソレは新たな”運命”の芽生え。


『破邪鬼伝*乱鬼』

スポンサーサイト
ZOIDSYT/【公式】へ。■

■マイページもよろしくです■

■真珠緑の紙の帝王■さんのプロフィール
■プロフィール■

■☆流良戒☆■

Author:■☆流良戒☆■


言いたい事を独断と偏見と毒舌だけで言うHP(ブログ)です※

■よければお使いください■
■カテゴリ■
■コンパクト月別アーカイブ■
■リンク■